場づくりマーケティング・コンソーシアム

タグ: 観光


 地元の人や観光客が集まる「場」としてのミュージアムを中心に、ミュージアムと地域の魅力を有機的につなげることができれば、より広がりをもった豊かな体験を来館者に提供することができるのではないだろうか。情報技術を活用し、「場」を拠点として周辺エリアの地域資源を楽しく回遊することができる「地域情報プラットフォーム」を提案している。

 もりおか歴史文化館は、城下町盛岡の歴史や文化を紹介し、まちなか観光を推進する拠点施設として2011年にオープンした。盛岡は、城下町の歴史的景観やまちなみ・史跡、伝統工芸のお店など魅力的な地域資源が数多く点在するまちである。館では、ミュージアムとこれらの地域資源(=フィールドミュージアム)とをつなぐツールが必要と考え、まちあるきスマートフォンアプリ「マチレコトラベル」の実証実験を行っている。館を学びの拠点として、フィールドミュージアムへの回遊性を高め、まちの活性化にもつなげる狙いだ。

地域連携04_もりおか歴史文化館_1

 マチレコトラベルのコンテンツやサービスは、盛岡のまちの人とのワークショップを通じて開発されたもので、ワークショップでは、まちの魅力を改めて見直し、まちを楽しく体験してもらうためのアイディアが検討された。ミュージアムの展示内容に関連した周辺史跡を巡ったり、伝統工芸品のお店に行って話を聞いたりと、地域全体をミュージアムとしてとらえ、体験し、理解を深めることができる。

マチレコアプリ

 来館者に新たな気づきや発見を提供し、行動のきっかけを与え、地域についての楽しさを伝え、興味を深めさせる。この地域情報プラットフォームは、「場」と地域、地域資源と人、人と人とを結ぶハブとして、今後も、確実に重要な役割を果たすといえる。

水野 歌子

愛媛県今治市。海岸沿いに続く今治の工業地帯を抜けてのどかな田園風景に入り、そのまま少し山あいに入っていくと、「タオル美術館」と書かれた歩道橋が見えてきます。その歩道橋の脇に立つ、西洋風の大きな建物がタオル美術館です。

画像 045

この美術館は地元のタオルメーカー・一広株式会社の一事業として誕生しました。一広株式会社を含むグループの名前はその名も「タオル美術館グループ」。美術館の運営はそのグループの中のタオル美術館ICHIHIROが担っています。

私たちの日常品として欠かすことのできないタオル。そのタオルをテーマにした美術館というと、皆さんはいったいどんな空間を想像するでしょうか。タオルのアートってどんな感じなんだろう。期待を胸にギャラリー入口へ向かいました。入場チケットの代わりになっている、オリジナルのハンドタオルを貰って中へ進みます。

まず最初に迎えられるのは、タオルの製造工程が見学できるエリア。縦に長い部屋に沿って機械がずらりと並び、実際に稼動をしている様子を見学できます。

画像 065

そのエリアを抜けると、タオルアートのエリアへ。

そこには本当に絵画を観るかのような感覚で、アーティストの原画をそのまま表現し、額縁に入ったタオルアートの数々が並んでいました。タオルに絵が織り込まれていたり、タオルを組み合わせて絵を表現したり、その芸術性の高さもさることながら、タオルの絵本やのぞき穴からアートをのぞく見せ方など、見学者を楽しませる工夫もたくさんみられます。いつも美術館でみるアート作品とはちょっと違う驚きを与えつつも、タオルの質感が織りなす、どこか親しみやすく、ほっとする雰囲気がそこには溢れていました。

画像 075

画像 132

画像 133

製造メーカーが、その産業を展示する博物館・展示場は多いですが、「産業を美術品に仕立てて展示する美術館」というのは非常にめずらしいのではないのでしょうか。タオルの可能性と、アートの力を感じることができました。

さて、タオル美術館はアートを楽しむだけの空間ではありません。ギャラリーを出ると、そこにはたくさんのショップがあり、様々なタオルグッズを買うことができます。さすがタオルの総合メーカーと思わせる品揃えです。その場で刺繍のサービスもあり、百貨店に行くよりも、ここに来た方が目当てのタオルを見つけられるのではないかと思いました。
そしてもう一つの目玉は2階の物産コーナー。今治の物産品が所狭しと並んでいます。地元の人も、「ここに来れば今治のお土産はほとんど手に入る」と言うほどの品揃え。

その他にも広い庭園とレストランを利用してできるウェディングサービスや自社経営のカフェなど、充実したサービスで様々な利用者を迎え入れていました。

広報の十倉さんにお話を伺うことができました。いわく、タオル美術館のこだわりは「ここにしかないオンリーワン」。タオルアートの独自性はもちろん、物販も、ここに来ないと買えないものを用意すること。タオルグッズだけでなく、地元のお菓子メーカーと共同でオリジナル商品を開発する、カフェはテナントでなく自社経営にするなど、タオル事業以外でも徹底した「オンリーワン」にこだわっていました。そういったこだわりもあり、経営の約3分の2は物販等ショップの売り上げで賄えているという、美術館としてだけでなく商業施設としても参考にしたい経営力の高さがうかがわれました。

タオル産業をアートという新しい面から支え、今治の観光・商業活性化にも貢献する「タオル美術館」は他の地場産業や観光事業にも多くのヒントを与えてくれる、そんな美術館だと思います。

黒木 奈々恵


はっち一枚目



JR八戸線本八戸駅で降り、目的地はっち目指して歩き始めるも、道沿いで目につく緑色のふきだしたち。「もう30年もやっているらしいよ」「このマスター、サッカーも大好きらしいよ」「八戸ではじめて!のnail salonらしいよ」 など。まちの風景に化しているこの緑色のふきだしは何ものか?と思っていたところ、期間限定プロジェクト「八戸のうさわ」の一部だったもの。イベントが終わった今も、気に入ったお店はそのままに残しているのだそう。

さて、そのうさわの発信源、八戸ポータルミュージアム「はっち」に足を踏み入れて驚いた。 はっちが、「ポータルミュージアム」と標榜する所以。それは、従来の専門分野にそった資料展示を行うミュージアムの機能をはるかにこえていたからだ。八戸の伝統文化やお祭り、偉人を紹介する展示、B級グルメのミニチュア展示はもちろんだが、市外からの来訪者に向けた横丁や市場など八戸の見どころを紹介する観光案内、子育て支援を目的に小さな子どもも大人もゆったり過ごせる交流スペース「こどもはっち」、また、八戸の地域資源を活かした市民によるアンテナショップの数々、音のスタジオやキッチン、ひろばなど、フロアのいたるところに、人と人が交流するスペースが設けられているのだ。

まさに八戸に暮らす人々の生活の息づかいがきこえてくる、八戸の人と魅力が活きている場所だった。

content_170ce782d3737a149d925efa8c72d8993e230f8f
▲はっちのエントランスにて。カラフルな288体の八幡馬たちが迎えてくれます。

content_0a36d69bd39c3394696f4aa904b55695d8277d66
▲こどもはっちにて。モチーフの「8」を館内様々なところで発見する楽しみがあります。

content_9ff3f4ce5b374e6abff17d41f12a50c8dcf2f805
▲食のものづくりスタジオ、『里山夢食堂』さんにて。ここにも吹き出しが!

content_728602f498da73c7c81502e8b71f009856ac7803
▲市内アーティストと子どもたちの作品 ~八戸はみんな家族~

市役所の方にお話を伺ったところ、はっちは、シャッターがおり空洞化していくまちの中心地、商店街に活気を取り戻すため、中心市街地活性化の事業の起爆剤としてたちあがったとのこと。地域の資源を大事に想いながら新しい魅力を創りだすところとして、「はっちは、まちを元気にします」をミッションに掲げている。

2011年2月のオープン以来、様々な取り組みに走り続けているはっちだが、その成果が、まちなかの歩行者の数の増加や、空いていた店舗が復活するなど様々な事象にあらわれはじめている。


content_0b8c498d6d710780b7d44be6d9a1d9daf15a2403

佐竹和歌子

このページのトップヘ