場づくりマーケティング・コンソーシアム

カテゴリ : NEWS

 場づくりマーケティング・コンソーシアムでは、2013年4月9日(火)、地域コミュニティの変化の起爆剤となるミュージアムを紹介する書籍『地域を変えるミュージアム――未来を育む場のデザイン』を、英治出版株式会社(東京都渋谷区)より、出版いたします。
本
〇ポイント1 ミュージアムという場が生み出す力が、人も社会も変えていく。
人と人がつながる場、新たなアイデアが創発する場、ものごとの価値や魅力を見つめ直す場。そんな場となり、地域社会にプラスの変化をもたらしているミュージアムがあります。慶應義塾大学SFC研究所「場づくりマーケティング・コンソーシアム」が全国各地のミュージアムを調査し、先導事例としての30事例を豊富なカラー写真とともに解説します。
〇ポイント2  都市再生・地域活性化のカギ、「場づくり」のヒントを満載。
活力ある創造的なコミュニティの形成は、都心部でも地方でもこれからのまちづくりの重要課題。実践事例を多数紹介した本書は、行政・都市計画・まちづくり・観光ビジネス・ミュージアムなどに示唆に満ちています。

詳細は、以下、ご参考ください。

また、4月12日(金)、出版記念イベントを実施します。渋谷ヒカリエの開業1周年記念イベント「出張!ソーシャル書店」の中で、人や社会を変えている、ミュージアムと「場づくり」についてのトークセッションを行う予定でおります。
■日時:4月12日(金)19:00~20:00
■会場:渋谷ヒカリエ8階「クリエイティブスペース8/(ハチ)」
■登壇者:玉村雅敏(編著者、慶應義塾大学総合政策学部准教授)

※ 参加無料。事前登録なし。

ふるってご参加ください。

 
 

実践的ビジネストレーニング誌「Think!」冬号の特集:「イノベーションの起こし方」において、新しい価値を生む「場」のつくり方〜と題したインタビューを受けました。
コンソーシアムの活動を通じて得た知見をもとに、コトラーのマーケティング3.0時代において、「場」が有効なツールであること、「場」でのイノベーションのあり方について整理していただいております。 小島 敏明     
2012080700014500-1



東洋経済新報社主催のセミナー「マーケティング新時代の成長戦略」にて、
事例講演
 「マーケティング3.0における場づくりのポイント」
を行いました。

コトラーのマーケティング3.0の翻訳監修者である早稲田大学の恩蔵教授の基調講演
「マーケティングの革新 マーケティング3.0」を受けて、企業や行政における場を活用したコミュニケーション戦略について、ソーシャルメディア、個人の経験価値の向上、ダブルボトムラインでの評価などをキーワードに構成。場での顧客との関係づくりを通じ、企業やブランドへの支持層を獲得・拡大する「カルビープラス」「テーラメイドゴルフのフラッグシップショップ」などを事例として紹介しました。 小島

  

フォーラム全体

私たち、「場づくりマーケティング・コンソーシアム」では、多様な当事者が集まり、学び、創り上げる、地域やまちの「場」について、リサーチやツール開発を行っています。
慶應義塾大学SFC研究所の産学共同プロジェクトとして立ち上げました。

ミュージアムや商業施設、まちの交流施設などの場で、関係づくりやコミュニケーションが促進される「価値共創」の実現を目指しています。

これから、全国各地の訪れた場の紹介、場にまつわるツールや調査、研究活動を、私たち研究員の視点で発信していきます。

このページのトップヘ