場づくりマーケティング・コンソーシアム

カテゴリ : 事例

シアトルは、ジミー・ヘンドリックスやニルヴァーナなどアメリカのロックやポップスにおいて、一世を風靡したミュージシャンを数々産んできたまちでもある。そんなシアトルのミュージックシーンを堪能できるミュージアムが、EMPだ。

万博の跡地である大きな公園シアトルセンター内に一際目立つゴールド色の建物。ミュージアムは、ミュージックやSFカルチャーに焦点を当てている。中央で迎えるのは、ピンクライトに巨大なスクリーンでライブ映像が流れるアリーナ。ミュージアムではなくて、コンサート会場に来たのかと思わせる迫力。音楽を知るではなく、感じることに焦点を当てている。だからMuseumではなく、Experience Projectなのだそうだ。
P1040948
メイン展示会場である2階は、アメリカのロック、ポップの歴史、ジミー・ヘンドリックスの生誕70周年ギャラリー、ニルヴァーナのギャラリー。ここでも、王道的に彼らのコンサートの衣装や楽器が展示されてはいるが、彼らの曲を自分の好みに合わせて、ボーカルメインで聞くか、解説メインで聞くか、はたまたリズムメインで聞くか。それぞれカスタマイズできるコーナーが各所に用意されている。歌手で選ぶ、地域で選ぶ、ジャケットで選ぶ、など好みに合わせて展示を見る仕掛けもあり、根強いファンにも、観光ついでによった人にも音楽を味わってもらう体験作りに事欠かない。
P1040969
最も象徴的なのが、3階のSound Lab(サウンドラボ)。
P1050039
ギター、ドラム、キーボードの前に立つと、初心者には単純なキーで一曲弾けるように、弾ける人にはコラボできるように、システムが組み込まれている。
P1050020
さらに、作曲をしたり、ライブセッションをしたり、編集したり、オリジナルのポスターを作成したり、と曲づくりの一連も体験できる。ボーカルブースでプロ顔負けになりきって歌う子ども、ギターセッションに夢中になっている高校生や、編集に真剣に取り組む大人の女性、ラップに笑ながら挑戦する中年男性たち。密集したラボのなかでは、誰もがミュージシャンになっている。
P1050028
シアトルのまちには小さなライブハウスがたくさんあり、「オリジナルの」「新しい」ミュージシャンを探すことに余念が無い音楽好きが多い。そういった風土があるからこのミュージアムが出来たのだろうが、またこの拠点ができたことで、さらにそれをシアトルの誇れるカルチャーとして確立させているようだ。
観光客には、とんがったミュージシャンやロック文化を、それを生み出す「シアトル」の魅力として感じてもらう。シアトルに住む人たちには、ミュージシャンになり切ってもらい、またここが偉大なミュージックカルチャーを生み出すまちであることを再認識してもらう。それは、人々をさらにまちのライブハウスや音楽の生まれる様々な場へと送り込み、あるいはよりダイナミックなステージへ送り込んでいく。ここは、EMPという名の通り、音楽の体験を通じてシアトルの生きたミュージックカルチャーと個人をつなぐプロジェクトを生み出すミュージアムだ。

田中 

自然と彫刻とそこに生きた人々と、悠久に在り続ける場には人の想いの積層がある 

20121204082912
 
 北海道の中央部、石狩平野の東端に位置する人口2万6千人の美唄市。ここに、アルテピアッツァ美唄はある。アルテピアッツァ美唄を人々が訪れる理由はいくつかあげられる。世界に名だたる彫刻家安田侃の作品に出会える広大な公共空間。北海道の雄大な自然と調和する彫刻作品の数々に座ったり触ったり自由な観賞が許される稀有な場所だ。また、かつて栄えた炭鉱の町の再生への挑戦として、廃校をリノベーションして蘇らせた場の活用の仕方への関心など、特異な事例を見たいという好奇心がこの地に赴かせる。机上の情報をもとに、はじめてその地に踏み入るのだが、想像で価値を測っていた自身の浅はかさを恥じることになる。

20121204082507

 アルテピアッツァ美唄は、石炭産業が隆盛を極め、石炭と人とあふれんエネルギーに満ちた土地で生まれ育った彫刻家安田氏が、時代の流れとともに変わり果てた故郷の姿を前に生じた想いに創始する。当時、旧栄小学校の体育館をアトリエの代わりとして市から借り受け、作品を置いた。すき間だらけの古い木造の旧校舎の1階は幼稚園として、幼い園児たちがアトリエをのぞきこみ、歓声を上げ、作品を駆け巡っていた。未来ある子どもたちのために、子どもたちがのびのびと過ごすことのできる広場にと、財政厳しかった美唄市の決断とともに、芸術広場としての再生へ舵を切った。
 
 彫刻家安田氏はこう語った。「アルテピアッツァ美唄は、来訪者が自分を見つめる、自分のこころを感じられるようにつくった場である」と。「懐かしいと思う感情も、美しいと涙する感動も、自分自身のこころをうつしている。出来て20年、ここで育った子がやっと大人になった。その子が再び訪れて何を思うか、ここからが本当の意味の始まりである。」と。

20121204082654
 
 アルテピアッツァとは、イタリア語で芸術広場のこと。7万㎡を超す広大な敷地に、点在する40数点の彫刻と、当時の面影を残した建物、(1階が市立栄幼稚園、2階がギャラリーの旧校舎、アートスペース兼ホールの旧体育館、「こころを彫る授業」が行われるストゥディオアルテ(体験工房)とカフェアルテ)、そして豊かな木々や動物を目の前にした圧倒的な自然がアルテの構成要素だ。
 アルテの来訪者はみな「また来ます」という言葉を残して帰途につくという。それもそのはずだ。目を開いてみた先にある光景に同じ瞬間は二度とない。それは、この場所のあらゆるシーンが、意図をもって配置され、自然と共に生きているからだ。そしてその感じ方も見え方も全ては、自分の行為に還る。本物を目前にして何を想うか、まるで己をうつす鏡そのものだ。
 
20121204080751

 この広大な土地で厳しい寒さを乗り越えながら、すみずみまで手入れされた空間をつくり続けるには相当な維持費がかかる。2005年4月、アルテピアッツァ美唄を運営する主体として、NPO法人「アルテピアッツァびばい」が設立された。「アルテ市民」としてこの場を支えていく「ポポロの制度」を開始し、現在会員は市内外に約600名いる。よくある賛助会員の制度と違うのは、会員もアルテ市民としてNPOの運営に参画し、市民としてアルテピアッツァを守る活動に参加できることだ。それでも厳しい市の財政状況や社会経済情勢を受け、入場料を取ることもなく、会費や寄附金のみで賄うにはまだまだ到底費用は足りていない。
 
 NPO法人「アルテピアッツァびばい」代表の磯田氏は、立ち上げの際に力強く語った。「安田侃という類稀なアーティストに出会い、数や量で計るのではない、心に沁みる豊かさの創造にむけた壮大な実践の戦列の中にいる。右肩上がりの経済的発展を疑うことのない中でつくられてきた物差しを越えて、豊かさの新しい基軸を創造しようという旅の始まりでもある。」と。

 アルテ写真


 夏、アルテの恒例行事として、毎年盆踊りが開催される。地元の人も帰省した者も皆が一緒になって輪になって踊る。アルテがこの場に在ること。それは、栄枯盛衰その名のままに辿った過去の記憶を真実として、この地を離れざるを得なかった多くの人への惜別の気持ちと共に、あたたかい灯をともしていつでもお帰りと迎え入れてくれる場であること。東京から初めて訪れた私のこころにもほっと灯されたこのあたたかみがあるように、この先も還りたいふるさととして、訪れた人の心に残り続けるのだろう。

佐竹 和歌子 

東京都世田谷区にある東京農業大学、世田谷通りをはさんだ向かいのけやき並木の通り沿いに「食と農」の博物館がある。東京農業大学の研究と教育の成果を発信し、「食と農」に触れ合う場を展示やイベントを通じて提供する、大学の情報交流拠点になっている。
P1050107
けやき並木を眺めることができるカフェ「プチラディッシュ」では、季節の野菜などを加えた料理や、卒業生がペルーで生産指導している「カムカムドリンク」などを提供。近所のママさんグループやご年配の友人同士がランチをしたり、お茶を飲んで楽しむ。その隣には、commercial spaceと題して、企業や協力団体の商品が紹介されている。多くある大学の奥まった博物館というイメージとはかけ離れた、明るくゆったりとしたスペースは、世田谷のまちに溶け込んだ居心地の良い空間としてふらりと立ち寄れるスポットになっている。
P1050141

P1050117


館内をぐるりと歩けば企画展示を見ることが出来る。「古農具展」では、職人の手によって作られた古農具が、今の農大生から見た農具の美しさを表現した絵とともに飾られており、機能性だけでなく、見た目も美しさがあることを気づかせてくれる。
二階に行くと、ここの名物とも言うべき「醸造」の展示がある。壁一弁にずらりとならんだ、卒業生の酒造の一升瓶は圧巻だ。現在、全国にある1,600近くの日本酒の蔵元のうち、およそ8割はなんと東京農業大学の卒業生だという。「日本の酒器」コーナーには、珍しい徳利や杯などが並んでおり、戦時中の杯、海外に輸出されていた徳利、鶴の卵で出来た杯など、時代が生んだ酒の文化を見ることができる。 
その他にも115体の鶏の剥製展示がある。入口の大きな鶏の像、そして古農具展に置かれていた鶏などから連想が膨らみ、自然と関心も強くなる。展示はその生態、歴史文化、食など、1階で身近に触れたものから、ぐっと深くなって、農業の世界に触れることが出来る。
P1040307

博物館の南側に繋がるのは展示温室「バイオリウム」。「生き物」(バイオ=BIO)と「空間」(リウム=RIUM)、つまり「生き物の空間」だ。運営するのは東京農業大学から独立した進化生物学研究所。マダガスタルをはじめとして、進化生物学研究所が亜熱帯地方で調査し収集した研究材料であるの珍しい動植物を、本物に近いジャングルを味わえる温室のなかで観ることが出来る。夕方などは、学校帰りの小学生たちが遊びに来る。バナナを見に来たり、ワオレムールに会いに来たり、ケヅメリクガメに話しかけに来たり、イグアナを探しに来たり。ケヅメリクガメは週末などは、研究員とともに、ケヤキ通りを散歩する。散歩する人気者のケヅメリクガメは、研究所と地域を結ぶ斡旋人だ。
P1040373

毎週火曜と木曜には、研究員がツアーを行っている。「木ってそもそも何で出来ていると思います?」「日陰じゃないと生きられなくて、水がないと死んでしまう月下美人も、実はサボテンなんです」「トゲってなんであるんでしょうね?」、日常に溢れる植物にまつわる数々の疑問や、亜熱帯の植物に見られる想像もつかない現象が、研究員から直接、次々と聞ける。それも担当する研究員によって内容が違い、お客さんによって変えることもあるというから、何度訪れても探究心を掻き立てられる。
P1050171
博物館と反対側、馬事公苑に向かう出入り口は、バイオリウムショップが併設されている。ウーパールーパーやグッピー、古代魚、それからサボテンや珍しいバオバブの木などが売られている。また卒業生が作ったお味噌やジャム、新鮮な野菜が販売されている。「生き物相談室」は、誰もが生き物のことを聞くことが出来る研究所との窓口だ。専門家集団が答えてくれて、しかも敷居が低いという、心強さが人気の秘訣で、魚を飼っているお客さんや、植物好きのお客さんが、頻繁に訪れてはスタッフに質問する。
「食と農」の博物館の出入り口で誰もがふらりと入れるカフェと同じように、バイオリウムの出入り口もまた誰もが垣根なく入ることができる空間であり、実際の生き物に接する魅力を通じて、研究者と地域の人たちがつながる場になっている。
P1050192
東京農業大学は日本初の私立の農学校。創立以来、「実学主義」を理念に掲げる。「収穫祭」と呼ばれる学園祭は、学生たちの手による食の屋台が並び、野菜の無料配布なども実施され、地域のひとで賑わう。博物館の酒造のコーナーやショップの販売物など様々なところにもOBの協力があり、学生たちの一体的な協力活動は卒業しても変わらない。
そういった実学主義の理念や一体的な協力活動が、新たな「食と農」の博物館・「バイオリウム」にも貫かれている。バイオリウムは独立した研究組織であるが、企画からイベント、そして日常のやりとりまで、「食と農」の博物館と一体的に活動を展開する。それがより市民と研究機関をつなぐ場として相乗効果をもたらしている。
「食と農」の博物館そして「バイオリウム」は、創立以来の大学の理念を引き継ぎながら、研究と生活者を結ぶ新たな拠点として地域に溶け込んでいる。

「食と農」の博物館
http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

田中

国立天文台の門をくぐり、木の生い茂った森のような小道を進んでいくと、「星と森と絵本の家」が見えてくる。もともとは天文台の官舎だった古い日本家屋を移築して建てられたもので、どこか懐かしい、レトロな雰囲気が漂う。

画像 017

 東京都三鷹市にある「星と森と絵本の家」は、2008年にその場所に建物を構えた。家の中には昭和の生活を感じさせるちゃぶ台やダイヤル式の壁掛け電話、床の間や古い戸棚が置いてあり、ほっと落ち着いて、つい長居してしまいたくなる。そして「絵本の家」という名の通り、たくさんの本が置いてあり、子供も大人も、思い思いの本を手にとって、本棚の前や居間のソファ、縁側など好きな場所に座り、本を読むことができる。
面白いのは本の配置だ。絵本も詩集も図鑑も、すべて同じ本棚に収まっている。ここでの本の分類は、本のタイプ別ではなくテーマ別。例えば「ほし」の棚を見ると、星にちなんだ絵本から、本格的な図鑑まで様々なタイプの本が隣り合わせで並べられている。物語が好きな子も、本格的な科学のことが知りたい子も、その知的好奇心をどんどん広げていけるような仕掛けになっているのだ。約4,500冊の蔵書のうち、2,000~2,500冊が公開され、その年のテーマに沿って、また春夏秋冬、季節を感じられるように本の入れ替えがされている。

月・太陽・宇宙などテーマに合わせて本や展示が変わる

  家の外に目を向けると、広々とした中庭が広がっていて、子供たちが元気に遊びまわっている。庭の奥にはみんなで掘った井戸や池があったり、手作りのブランコやハンモックがあったり、まだ小さい赤ちゃんは家のなかでお母さんと絵本を読んでいても、大きくなると、友達と一緒に外に飛び出して、実際に土や木、植物や虫と触れ合いながら、その興味のフィールドをどんどん広げていくことができる場だ。

画像 034

 「ここが子育て支援施設と言ったことはありません。」「モノをつくりながら、人が知りあっていく面白さがここにはあるんです」(築地律館長)

 絵本の家は一見すると、子育てママが集い、子供と絵本を読む施設である。しかし中に入ってみると、その活動領域の広さに驚かされる。そもそも絵本の家は、ただ絵本を読んでもらうことが目的ではない。国立天文台と共同のプロジェクトとして、最新の「科学」を発信していくというミッションも持つ。だから、テーマ設定や本の選定には、毎回絵本の家のスタッフと天文台のスタッフが頭を突き合わせて、試行錯誤しているのだという。科学には神秘の世界があり、どこか文化的要素もある。「科学」と「絵本」はそれぞれ違う領域で、遠いテーマのようでありながら、実はとても親和性が高い。

画像 030


 イベントや活動は館のスタッフのサポートのもと、星と森と絵本の家に普段訪れる、お母さん、お父さんや子供たちの手に委ねられている部分も大きい。「星と森と絵本の家フレンズ」や「ジュニア・スタッフ」というボランティアの他、「○○ちゃんのお母さん」や「○○ちゃんの友達」、といった人づてのつながりも生きて、そのイベントや活動に協力してくれる団体や業者までをも芋づる式に巻き込んでいくような面白さがある。星と森と絵本の家の活動趣旨の意義の高さと明確さがその勢いを後押ししているのだろう。

画像 060

 利用者と館の関係性やその考え方について築地さんにポイントをお聞きしたところ、館の運営に協力してくれるボランティアは居るものの、あえて友の会などで組織化はせず、それぞれが興味のあるフィールドで広がっていることだと語ってくれた。「モノをつくりながら人が知り合っていくおもしろさ」を大事にしたり、モノをつくるにしても、業者任せにはせず、できるだけ本人たちで取り組めるようにしているそうだ。地域のコーディネーターとして、人と人、人とコトをつなぐ役割を担っているのである。

黒木 奈々恵


山口情報芸術センター、通称「YCAM(ワイカム)」。東の仙台メディアテーク、西のYCAMとも言われる、図書館とメディア系の場が一体となった空間だ。
P1030988
YCAMは、メディアテクノロジーを軸とする新しい芸術文化の創造・発信を担い、また併設する山口市立中央図書館と一体となってまちづくりの中心的な役割を担う施設として2003年にオープンした。館内は、タイプの異なる3つのスタジオや創作・学習室、カフェ、そして最新の映像情報機器とそれをサポートするスタッフを擁した「YCAM InterLab」があり、隣には図書館がある。
P1040014
 これまでダンスや演劇といった身体表現、メディアアートや現代美術の企画展、市民の美術発表の場、演劇上演やワークショップ、ミニシアターの上映などなど、さまざまな形でクリエイティブな活動を行っている。
オリジナルの長期ワークショップシリーズも特徴的だ。ボランティアに参加する市民はコラボレーターと呼ばれ、アーティストと共に本気で制作に協力する。2004年にはピンボールカメラを、2005年には市内の記憶収集を、2007年には本制作のプロセスを、2008年にはパフォーマンスを追求するプロジェクトなどを行った。2005年にアーティストグループフタボンコと市民コラボレーターグループ「オモイデコレクタス」とともに、市内にあるれる記憶収集を追求したプロジェクトは、日めくり式万年カレンダーとして商品化され今でも買うことができる。
P1030981
メディアテクノロジーと社会を考えるシリーズでは、携帯電話のカメラを使ったルールとマナーの意味を追求する「ケータイ・スパイ・大作戦」を実施。参加者自らが、メディア社会のルール作りに参加することの意義をとらえようとした試みだ。そのほかにも、一流の講師を招き、市民が主体となって参画するワークショプが開かれている。
 
2012年9月、館内の一角ではイギリスから研究に訪れたメディアアーティストがバーチャル3D映像の実験をしていた。平日の学校帰りに図書館に来た子どもたちが、その公開画像に何気なく触り、チェックをしていたアーティスト本人と楽しそうにジェスチャーを交わす。海外の最先端のメディアアートを研究するアーティストの作品に触れ、語り合う場が、子どもたちにとってはもはや日常の一部となっているのだ。
創造の過程を地域とともに歩んできたことで、YCAMは最先端の創造の場でありながら、垣根の低い存在になっているのかもしれない。
P1030965
2013年に10周年を迎える。10周年記念は「アートと環境の未来・山口 YCAM10周年記念祭」を開く。 文化施設としての枠を超えた次世代を見通すアートとメディアの新しい関係性の創造と発信拠点として、自然環境から情報環境までを包括する「環境」と「アート」の未来を考え次の10年に向けた試みを、山口から発信していく。

田中摂 

このページのトップヘ