場づくりマーケティング・コンソーシアム

カテゴリ : 事例

 旅行や行楽に訪れたくなる場所とは?名店がある、世界遺産がある、自然豊か等々それら様々な要因が、こちらの事情と合わさって、貴重な時間とお金を使っても足を向かわせる場所。

 まちの外から人を呼び込むこと。いわゆる、観光によるまちづくり。観光地に人が訪れ、観光地周辺のまちなかを回遊してもらい、人の賑わいが生まれ、飲食や物販で経済が潤う。日本全国どこの自治体も声高に「○△□なまちへ、ようこそ」と、言葉違えど似たようなことを掲げる。

 だが、自治体が地元で一生懸命叫んでいても、よっぽど、名の知れた観光地か最近テレビ等で取り上げられた話題性がなければ、そもそもだれも気が付かない。

 はっきり言わせてもらえば、観光のための集客とは、メディア戦略だ。テレビ、映画、雑誌、芸能人、イベント、交通広告を民間のネットワークにのせて、それなりに着飾って、それなりに大々的に打てば、それなりの数は見込めるだろう。ただしそこには多大なるコストがかかる。そして、そうしたカンフル剤を“それなりに”打ち続けることに、限界もあるだろう。

 だからこそ、観光にも、「場づくり」の発想が有効だ。それは、地域のミュージアムをつくる取り組みと同じ。遠く離れている人にもそのまちの魅力をいつでも届けられるように、いつ来ても新しい発見があるように、地域に根を張った情報発信を地道に続けていく。そこで欠かせないのが、その土地で暮らしている人たち自身も、そのメディアのユーザーであり、コンテンツであることだ。

 
 ひとつ事例を紹介する。広島県福山市鞆の浦の観光サイト「鞆物語」をのぞいてみてほしい。

http://tomomonogatari.com/ 


図1

 鞆の浦は、瀬戸内海の港町として、町屋や寺社が連なる美しい景観を歴史とともに守り伝えてきた。坂本竜馬のいろは丸事件や「崖の上のポニョ」など数々の映画のモデルやロケ地となった観光地だ。実際に訪れてみて、小さな町であるが、平日の雨であったに関わらず団体ツアー客や若い女の子のグループも訪れ、まちが人を受け入れている。

 まちのなかは迷路のような小道が続き、歩いていて至る所に休む箇所なのか、何も書いていなくても、机と椅子をならべて人が集まれるところが点在している。坂が多く、お年寄りの行き来を想ってのことかもしれない。全体的にのんびりしていて時間を忘れてしまうような、そんなまちのマイペースさを第一に感じた。

 まちの規模感も一日で歩いてゆっくり過ごすのにちょうどいいサイズだったのかもしれない。そんなとき、傍らに、「鞆物語」の人や場所のストーリーがその土地への好奇心を強めた。また、「鞆物語」の人たちに、気軽に出会い話を聞くこともすぐ叶った。「鞆物語」の人たちは、外から訪れる人との出会いや交流を楽しみに、人が訪れる美しいまちを大事に残し伝えていくことを一番に想っている。その媒介となっているのが、「鞆物語」だ。

 「鞆物語」は、鞆の浦出身の人と現地の人たちの有志ではじまった観光サイトだ。まちなみや海、暮らす人々のありのままの姿を美しい写真と言葉とともに伝える。そのデザインはもちろん魅力的だが、情報の更新や発信は、子どもから大人まで現地で暮らす様々な人たちが行っている。また、その土地のことを物語として「伝える」ことをコンセプトに貫いている。そこから見える鞆の浦は、観光地なのだけど、観光地ではない。もどかしい言い方であるが、その土地の暮らしの息吹が聞こえてくる。

そういったメディアは、暮らしている人が自分たちのまちを、次の世代まで残し伝えていくことを何より一番に想っている証拠になる。そして、それが、外からの来訪動機にもなる得る。

 どの自治体も観光地も、観光サイトを当たり前にもっているわけだが、そこがきっかけとなって訪れている観光客はどれくらいいるだろうか。右に倣えと派手な観光施策にあくせくする以前に、まちの場が持つストーリーに目をむけ、そこで暮らす人たちとそのまちをどう伝えるか、地道に丁寧に向き合う。そのプロセスの伝播が、総体としてのまちの魅力をつくっていく。

ということで、観光も場づくり。
観光サイトも場づくり。

(サタケ) 


886


本

4月12日(金)渋谷ヒカリエ8階 8/ にて、ヒカリエ1周年記念『出張!ソーシャル書店』の企画の第一弾で、『地域を変えるミュージアム-未来を育む場のデザイン』出版記念イベントを行いました。当日は、本書の出版に至った背景や取り上げている事例を一部紹介し、本書の魅力をコンパクトにお伝えしました。

邇画搗蜈育函

「ミュージアムは社会を変える力を持っている」と力強く語る、本書編著者の玉村雅敏先生。

鮟呈惠縺輔s

三鷹市星と森と絵本の家をはじめ、事例を一部紹介しました。

縺ッ縺」縺。

取材を行ったミュージアムの方々も駆けつけ、ミュージアムの魅力を熱く語ってくださいました。

最後に、「本書の事例は、ミュージアムに限らず、地域振興や観光、教育、顧客サービスなど、いろいろな場面で参考になります。この本をきっかけに、社会課題を解決する「場づくり」にぜひ取り組んでほしい。」と、玉村先生。

_0015580



ぜひ、お手に取って、ご覧ください。

 

 場づくりマーケティング・コンソーシアムでは、2013年4月9日(火)、地域コミュニティの変化の起爆剤となるミュージアムを紹介する書籍『地域を変えるミュージアム――未来を育む場のデザイン』を、英治出版株式会社(東京都渋谷区)より、出版いたします。
本
〇ポイント1 ミュージアムという場が生み出す力が、人も社会も変えていく。
人と人がつながる場、新たなアイデアが創発する場、ものごとの価値や魅力を見つめ直す場。そんな場となり、地域社会にプラスの変化をもたらしているミュージアムがあります。慶應義塾大学SFC研究所「場づくりマーケティング・コンソーシアム」が全国各地のミュージアムを調査し、先導事例としての30事例を豊富なカラー写真とともに解説します。
〇ポイント2  都市再生・地域活性化のカギ、「場づくり」のヒントを満載。
活力ある創造的なコミュニティの形成は、都心部でも地方でもこれからのまちづくりの重要課題。実践事例を多数紹介した本書は、行政・都市計画・まちづくり・観光ビジネス・ミュージアムなどに示唆に満ちています。

詳細は、以下、ご参考ください。

また、4月12日(金)、出版記念イベントを実施します。渋谷ヒカリエの開業1周年記念イベント「出張!ソーシャル書店」の中で、人や社会を変えている、ミュージアムと「場づくり」についてのトークセッションを行う予定でおります。
■日時:4月12日(金)19:00~20:00
■会場:渋谷ヒカリエ8階「クリエイティブスペース8/(ハチ)」
■登壇者:玉村雅敏(編著者、慶應義塾大学総合政策学部准教授)

※ 参加無料。事前登録なし。

ふるってご参加ください。

 
 

 鹿児島市を拠点に活動するPandAというNPO法人が、「ダンボールハウス」を使ったワークショップを開催している。

 PandAが開発したダンボールハウスはキットになっており、小さな子でも楽しく組み立てることができる。数パターンのキットの中から好きなものを選び、誰かと一緒に作っていく過程で、関係性の深まりや個性・創造性を引き出すことがこのワークショップのねらいだ。簡単なキットになってはいるが、そこに葉っぱや木の実、枝、綿や布、毛糸など様々なものを飾り付けていくことで、唯一無二のオリジナルのダンボールハウスができあがる。ミッションは、「ハウス作りを通じて親子の関係や子どもの持つ可能性を発見するお手伝い」。実際にワークショップに参加した人からは、「ふだんは気づかない子どもの興味を知ることができた」「どんな家にするかに、それぞれ作る人の理想や生活に何を求めているかが見えた」といった声が寄せられているそうだ。 

▼ダンボールハウスのワークショップの様子(鹿児島市 マルヤガーデンズにて) 

鹿児島市 マルヤガーデンズで開催されたワークショップ

 2009年に誕生して以来、そのミッションの通り、主に親子で参加するワークショップが開催されてきた。「子どもに自然との関わり方を気づいて欲しい」「自然から今後の人生に重要な多くのモノ、コトを受け取ってほしい」と、屋外での開催を目的で開発されたワークショップだったが、その評判は少しずつ市内、県内に広がっていき、市街地の百貨店や郊外のショッピングセンターなどの商業施設からも開催の声がかかるようになる。現在は屋内外の様々な「場」でダンボールハウスのワークショップが開催されている。また鹿児島だけでなく、熊本や福岡の商業施設の他、北関東全域の様々な地域にまで広がっている。

 

▼個性あふれるダンボールハウス

 子どもたちの作ったダンボールハウス① 子どもたちの作ったダンボールハウス②

 子どもたちの作ったダンボールハウス③ ダンボールハウス
 「どんな「場」でやっても関係性の変化が起こるんです」と代表の早川さんは言う。これまでは親子のワークショップが中心だったが、今後は学校や病院、老人介護施設などにも広げていく事で色々な関係性に挑戦をするつもりだ。実際に今年の2月には病院のリハビリセンターでのデモンストレーションが行われている。

 ダンボールハウスのワークショップはひとつの「場づくり」のあり方である。しかしそれは、あるひとつの拠点で場づくりをし、魅力を高めていくのではなく、ワークショップが様々な「場」で行われることで、その「場」やその場に集まった人たちがもつ本来の特徴やポテンシャルによって様々な関係性が導かれる「場づくり」だ。非常に柔軟で、かつ大きな可能性を秘めている。今後学校や病院、老人介護施設などで開催されるようになったときに、どんなコトが起こるのか、どんな関係性の変化がみられるのか、とても楽しみだ。

ダンボールハウス HP

PandA HP

 (黒木) 

シアトルは、ジミー・ヘンドリックスやニルヴァーナなどアメリカのロックやポップスにおいて、一世を風靡したミュージシャンを数々産んできたまちでもある。そんなシアトルのミュージックシーンを堪能できるミュージアムが、EMPだ。

万博の跡地である大きな公園シアトルセンター内に一際目立つゴールド色の建物。ミュージアムは、ミュージックやSFカルチャーに焦点を当てている。中央で迎えるのは、ピンクライトに巨大なスクリーンでライブ映像が流れるアリーナ。ミュージアムではなくて、コンサート会場に来たのかと思わせる迫力。音楽を知るではなく、感じることに焦点を当てている。だからMuseumではなく、Experience Projectなのだそうだ。
P1040948
メイン展示会場である2階は、アメリカのロック、ポップの歴史、ジミー・ヘンドリックスの生誕70周年ギャラリー、ニルヴァーナのギャラリー。ここでも、王道的に彼らのコンサートの衣装や楽器が展示されてはいるが、彼らの曲を自分の好みに合わせて、ボーカルメインで聞くか、解説メインで聞くか、はたまたリズムメインで聞くか。それぞれカスタマイズできるコーナーが各所に用意されている。歌手で選ぶ、地域で選ぶ、ジャケットで選ぶ、など好みに合わせて展示を見る仕掛けもあり、根強いファンにも、観光ついでによった人にも音楽を味わってもらう体験作りに事欠かない。
P1040969
最も象徴的なのが、3階のSound Lab(サウンドラボ)。
P1050039
ギター、ドラム、キーボードの前に立つと、初心者には単純なキーで一曲弾けるように、弾ける人にはコラボできるように、システムが組み込まれている。
P1050020
さらに、作曲をしたり、ライブセッションをしたり、編集したり、オリジナルのポスターを作成したり、と曲づくりの一連も体験できる。ボーカルブースでプロ顔負けになりきって歌う子ども、ギターセッションに夢中になっている高校生や、編集に真剣に取り組む大人の女性、ラップに笑ながら挑戦する中年男性たち。密集したラボのなかでは、誰もがミュージシャンになっている。
P1050028
シアトルのまちには小さなライブハウスがたくさんあり、「オリジナルの」「新しい」ミュージシャンを探すことに余念が無い音楽好きが多い。そういった風土があるからこのミュージアムが出来たのだろうが、またこの拠点ができたことで、さらにそれをシアトルの誇れるカルチャーとして確立させているようだ。
観光客には、とんがったミュージシャンやロック文化を、それを生み出す「シアトル」の魅力として感じてもらう。シアトルに住む人たちには、ミュージシャンになり切ってもらい、またここが偉大なミュージックカルチャーを生み出すまちであることを再認識してもらう。それは、人々をさらにまちのライブハウスや音楽の生まれる様々な場へと送り込み、あるいはよりダイナミックなステージへ送り込んでいく。ここは、EMPという名の通り、音楽の体験を通じてシアトルの生きたミュージックカルチャーと個人をつなぐプロジェクトを生み出すミュージアムだ。

田中 

このページのトップヘ