場づくりマーケティング・コンソーシアム

 鹿児島市を拠点に活動するPandAというNPO法人が、「ダンボールハウス」を使ったワークショップを開催している。

 PandAが開発したダンボールハウスはキットになっており、小さな子でも楽しく組み立てることができる。数パターンのキットの中から好きなものを選び、誰かと一緒に作っていく過程で、関係性の深まりや個性・創造性を引き出すことがこのワークショップのねらいだ。簡単なキットになってはいるが、そこに葉っぱや木の実、枝、綿や布、毛糸など様々なものを飾り付けていくことで、唯一無二のオリジナルのダンボールハウスができあがる。ミッションは、「ハウス作りを通じて親子の関係や子どもの持つ可能性を発見するお手伝い」。実際にワークショップに参加した人からは、「ふだんは気づかない子どもの興味を知ることができた」「どんな家にするかに、それぞれ作る人の理想や生活に何を求めているかが見えた」といった声が寄せられているそうだ。 

▼ダンボールハウスのワークショップの様子(鹿児島市 マルヤガーデンズにて) 

鹿児島市 マルヤガーデンズで開催されたワークショップ

 2009年に誕生して以来、そのミッションの通り、主に親子で参加するワークショップが開催されてきた。「子どもに自然との関わり方を気づいて欲しい」「自然から今後の人生に重要な多くのモノ、コトを受け取ってほしい」と、屋外での開催を目的で開発されたワークショップだったが、その評判は少しずつ市内、県内に広がっていき、市街地の百貨店や郊外のショッピングセンターなどの商業施設からも開催の声がかかるようになる。現在は屋内外の様々な「場」でダンボールハウスのワークショップが開催されている。また鹿児島だけでなく、熊本や福岡の商業施設の他、北関東全域の様々な地域にまで広がっている。

 

▼個性あふれるダンボールハウス

 子どもたちの作ったダンボールハウス① 子どもたちの作ったダンボールハウス②

 子どもたちの作ったダンボールハウス③ ダンボールハウス
 「どんな「場」でやっても関係性の変化が起こるんです」と代表の早川さんは言う。これまでは親子のワークショップが中心だったが、今後は学校や病院、老人介護施設などにも広げていく事で色々な関係性に挑戦をするつもりだ。実際に今年の2月には病院のリハビリセンターでのデモンストレーションが行われている。

 ダンボールハウスのワークショップはひとつの「場づくり」のあり方である。しかしそれは、あるひとつの拠点で場づくりをし、魅力を高めていくのではなく、ワークショップが様々な「場」で行われることで、その「場」やその場に集まった人たちがもつ本来の特徴やポテンシャルによって様々な関係性が導かれる「場づくり」だ。非常に柔軟で、かつ大きな可能性を秘めている。今後学校や病院、老人介護施設などで開催されるようになったときに、どんなコトが起こるのか、どんな関係性の変化がみられるのか、とても楽しみだ。

ダンボールハウス HP

PandA HP

 (黒木) 

来場者の投票で大賞を決定!
絵金蔵『えくらべ復活展』
/高知県香南市赤岡町

 「絵金祭り」とは一年に一度だけ夏の夜に、それぞれの家が所有する絵金の作品を軒先に飾り、蝋燭の灯りに照らされた絵を鑑賞する(えくらべ)にちなんだ祭りである。地域ぐるみの取り組みとして注目されてきた。
 
 2012年8月須留田八幡宮神祭と絵金祭りが行われた4日間、赤岡町商店街を中心に、現代作家の屏風作品13点を絵金屏風と同時に並べる「えくらべ復活展」が開催された。そこで、観光客による投票イベントを実施した。えくらべ(絵競べ)は、絵金が生きた時代の風習のひとつで、土佐の庶民は様々な絵師に芝居絵屏風を注文して競い、最良の作品を出した地域はその年の豊作を約束されたというもの。

日没と同時に街灯が消され、蝋燭がともる。

市民参加12 えくらべ復活展1208kc_03_05

市民参加12 えくらべ復活展downfile2103179083

白井 至子

シアトルは、ジミー・ヘンドリックスやニルヴァーナなどアメリカのロックやポップスにおいて、一世を風靡したミュージシャンを数々産んできたまちでもある。そんなシアトルのミュージックシーンを堪能できるミュージアムが、EMPだ。

万博の跡地である大きな公園シアトルセンター内に一際目立つゴールド色の建物。ミュージアムは、ミュージックやSFカルチャーに焦点を当てている。中央で迎えるのは、ピンクライトに巨大なスクリーンでライブ映像が流れるアリーナ。ミュージアムではなくて、コンサート会場に来たのかと思わせる迫力。音楽を知るではなく、感じることに焦点を当てている。だからMuseumではなく、Experience Projectなのだそうだ。
P1040948
メイン展示会場である2階は、アメリカのロック、ポップの歴史、ジミー・ヘンドリックスの生誕70周年ギャラリー、ニルヴァーナのギャラリー。ここでも、王道的に彼らのコンサートの衣装や楽器が展示されてはいるが、彼らの曲を自分の好みに合わせて、ボーカルメインで聞くか、解説メインで聞くか、はたまたリズムメインで聞くか。それぞれカスタマイズできるコーナーが各所に用意されている。歌手で選ぶ、地域で選ぶ、ジャケットで選ぶ、など好みに合わせて展示を見る仕掛けもあり、根強いファンにも、観光ついでによった人にも音楽を味わってもらう体験作りに事欠かない。
P1040969
最も象徴的なのが、3階のSound Lab(サウンドラボ)。
P1050039
ギター、ドラム、キーボードの前に立つと、初心者には単純なキーで一曲弾けるように、弾ける人にはコラボできるように、システムが組み込まれている。
P1050020
さらに、作曲をしたり、ライブセッションをしたり、編集したり、オリジナルのポスターを作成したり、と曲づくりの一連も体験できる。ボーカルブースでプロ顔負けになりきって歌う子ども、ギターセッションに夢中になっている高校生や、編集に真剣に取り組む大人の女性、ラップに笑ながら挑戦する中年男性たち。密集したラボのなかでは、誰もがミュージシャンになっている。
P1050028
シアトルのまちには小さなライブハウスがたくさんあり、「オリジナルの」「新しい」ミュージシャンを探すことに余念が無い音楽好きが多い。そういった風土があるからこのミュージアムが出来たのだろうが、またこの拠点ができたことで、さらにそれをシアトルの誇れるカルチャーとして確立させているようだ。
観光客には、とんがったミュージシャンやロック文化を、それを生み出す「シアトル」の魅力として感じてもらう。シアトルに住む人たちには、ミュージシャンになり切ってもらい、またここが偉大なミュージックカルチャーを生み出すまちであることを再認識してもらう。それは、人々をさらにまちのライブハウスや音楽の生まれる様々な場へと送り込み、あるいはよりダイナミックなステージへ送り込んでいく。ここは、EMPという名の通り、音楽の体験を通じてシアトルの生きたミュージックカルチャーと個人をつなぐプロジェクトを生み出すミュージアムだ。

田中 

このページのトップヘ